ハンドメイドルアーの馬の助ホームページはコチラ ←ホームページはこちら

巨大カブト虫

またまた脂っこい画像を頂戴しました。

果たして何処なのか?
って、言うか前巨大蜂と作者が同じ??

・・・謎は尽きません。



 

お○のさんのコメントに誘われて、所用帰りにセミのそぼ降る噂の
10ポンドさんに寄ってきました。

う〜ん・・・気温がガツンと上がってないせいもあり
セミさんは鳴いたり鳴かなかったり・・・

でも思い出したようにぼたぼた墜落しています。

ころあいをみて蝦夷櫻セミをキャスト。
なんの躊躇いもなくガバッ!

何故だかTOPモードなのか、クワガタもほっといたら
ガバチョと仕事してくれました。
FA尻別川

突如仕事のひと段落にかこつけて、
『クモスプーンの画像撮影に行こう!!!』と、思い立った。
んで、蘭越のFA尻別川さんへ夜明けに出発。

途中の峠は残雪が見られ、なんだか寒い・・・

車でひた走り、概ねのopen時間に到着。
貸切である。

いつものように管理人@オンジさんはいないなこりゃと
思いつつ、おっぱじめる。

クモスプーンの釣果画像・・・当初の目的はどっかにすっ飛び
ワラワラとライズしている水面の誘惑に負け
ゴンゴンとTOP釣りを始める。

ガンッ!!!・・・・ギュ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜・・・・
グイグイグイ・・・・

『あ〜・・・今年もヒドイな・・・こりゃ・・・』
滅茶苦茶な引きである。

そうこう楽しんでいるうちに管理棟に人影が・・・
『アレレ?最初からいた??』
どうやら泊まっていたらしい。
誠にお疲れ様です。

一通り井戸端し、クモスプーンを一個プレゼント。
話によるとなにやらTOP&ミノーは良いがスプーン系が
やや厳しい状況らしい。
そんではと、お池に進み、今度こそスプーン画像の撮影に挑む。

釣れない。
釣れない。
釣れない。

アタリはある。
でも釣れない。
拾えないのである。

頭ん中、TOPモード人間はTOPガチガチロッド&5lbで
クモスプーンに挑んでいる。
これじゃ無理だべ?!
しかし、これ以外の竿は持ってきてもいない。
アホの見本である。

そうこうしてる内に管理人氏がクモスプーンを試し始めたようだ。
ガン!
速攻HIT!
ロッドは手元までカーブし、やや苦労しつつも見事に寄せてきた。
遠慮なく撮影させてもらう。
やっぱり、スプーンの上手い人がきちんとやらんとだめなのである。

『まぁ画像もGETしたし、いいか・・・(たった1匹)』

で、調子の良いTOPをまたまた再開。
ミヤマクワガタもホットケや、水面直下で襲われる。
『まるでピラニアだ・・・』

昼になり、蘭越町のラーメン屋で塩ラーメンをすすりつつ
『やっぱり蜘蛛スプーン画像少ねぇのはマズいよなぁ・・』
『・・・そうか、上手い人にアルバイトしてもらおう!』

と、言うことで管理人様にクモスプーンをお渡しし、
釣れたカラーは差し上げることを条件にテスターになって
いただいた。

結果
スプーンが厳しい中でもさすがの腕前により
各色であげていただいた。
(ブッチギラレも2個だっけ?たしか赤とピンク・・・)

ご協力誠にありがとうございました。
クモスプーンもどうやら気に入っていただけたようだ。

そっからは思う存分TOPを楽しんだ。
・・・が、あまりにヒドイ引きでロストが怖く本命ルアーが
使えない根性無しだった。
3HITしたら結び直し・・・
そんなこんなでタイムアップ!

また遊びに行きます。

※釣果画像はコメント1のリンクからどうぞ。
いよいよだな・・・こりゃ

ステッカーをグレードアップさせてみました。

出来もイイし、ホントに作ろう!
ブリキミニカー

・・されどブリキ。
先日とあるショップで発見。
サイフに手を掛けたところで
大蔵大臣に『置く場所無いし・・・』と、イエローカードが
出されました。

かくてロマンは彼方に消え行く・・・